食べる藍の魅力をもっとたくさんの人に伝えたくて
徳島から、東京から

「藍のある暮らし」は地元徳島で藍が身近な環境に囲まれ、藍に関わるうちにすっかりその可能性に魅せられた(株)ボンアームの三谷芳広、同じく藍美容研究家の近藤ルミと、日本の伝統文化を今に伝えるユニット「uraku」の石崎由子、田沢美亜が藍の可能性を伝え、未来につなげていこうと立ち上げたプロジェクトです。
昔から日本人の暮らしに寄り添ってきた藍を身近な食卓へ、そして体へ、「身につける藍」から「食べる藍」へ、藍の魅力に囲まれた、新しく豊かな暮らしの提案を行っていきます。